診療科

Home
診療科
診療科
精神健康医学科
精神健康医学科

診療科を見る

ご挨拶

「精神医学」 とは?
ストレスが増加し続ける昨今、さまざまな心理的な問題および精神疾患で苦しみを訴える人々が増えています。精神健康医学科が治療する症状は、大きく「神経症状」と「精神症状」に分けられますが、これは全て行動として表現されます。行動とは、身体の動きに思考・感情・記憶・欲求・判断などが結び付けられた人間の高次元的な脳(brain)作用をいいます。
つまり、「精神医学」は、脳科学として非適応的行動の原因を検査、診断し治療する医学分野の一つです。
「精神健康医学科」では、どのような疾病を治療しますか?
* 精神症;統合失調症、うつ病、躁うつ病、妄想障害
* 神経症;不安障害、身体化障害、睡眠障害、摂食障害、人格障害、性機能障害
* 気質性精神障害;認知症、身体疾患(脳損傷を含む)に起因する精神障害
* ストレス関連障害;適応障害、急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害
* 小児青少年精神医学;学習障害、注意欠陥・多動性障害、発達障害、チック障害
* アールコール、タバコ、薬物 濫用および中毒障害
当院精神健康医学科は、1980年7月に当院が開院する当時13つの診療科目の一つの「精神神経科」として初めて開設されました。
1994年3月、当院に神経科が新設され、「精神健康医学科」と改称を経て現在に至っています。25年以上にわたり、病院の驚異的な発展と共に、「精神健康医学科 は成長を続け、地域の精神健康を支えてきました。
1984年から専攻医修練を実施し、現在まで25人以上の精神健康医学科専門医を輩出し、2004年から臨床心理士専門修練機関として毎年1、2級臨床心理専門を養成しています。
明るく快適な雰囲気の29病床のサラン病棟(保護病棟)と、12病床の開放病棟を運営しており、精神健康医学科疾病治療の必須機器であるECTを保有しています。サラン病棟では毎日グループカウンセリング治療、音楽治療、芸術治療、小さな音楽会、お茶会など、さまざまな教育治療プログラムが行われています。さまざまな精神健康医学科疾病を熟知し、特化された専門人材が、良質の差別された医療サービスを提供するために最善を尽くしています。
外来診療のご案内
精神健康医学科を初めて受診される方は、1、2次医療機関が発行した診療依頼書を必ず持参してください。予約制診療を実施しています。
※ 外来診療相談:Tel. 053-650-4780 (精神健康医学科外来)
入院のご案内
夜間や緊急の状況に備えて、精神健康医学科当直医が昼夜交替で勤務しており、いつでも救急診療や入院が可能です。病状と治療計画に応じて、開放病棟またはサラン病棟に入院することになります。サラン病棟は、患者の安全と集中治療のために、一般病棟と区分された保護病棟を意味します。
※ 入院相談:053-650-4780(精神健康医学科外来)、053-650-4390(サラン病棟) * 所定の手続きを経ると、事前にサラン病棟を訪問することができます。
* TEL : 650-4780

医療陣紹介

Lee Jong-hoon

Department of Treatment
Department of Mental Health Medicine
Field of specialization
Youth psychiatry, general psychiatry, mood disorders (depression, bipolar disorder)

이종훈 사진

Choi Tae-young

Department of Treatment
Department of Mental Health Medicine
Field of specialization
Pediatric / Adolescent Psychiatry, General Psychiatry

최태영 사진

Kim Jun-won

Department of Treatment
Department of Mental Health Medicine
Field of specialization
General psychiatry, addiction psychiatry, sleep clinic

김준원 사진

Yoon Seo-young

Department of Treatment
Department of Mental Health Medicine
Field of specialization
Elderly Psychiatry, General Psychiatry, Advisory Psychiatry

윤서영 사진