診療科

Home
診療科
診療科
放射線腫瘍学科
放射線腫瘍学科

診療科を見る

ご挨拶

放射線治療は、手術、抗がん薬物治療と共にがんを治療するための方法の一つです。放射線発生装置、または放射線同位元素を利用し、高エネルギー放射線を人体内に照射し、細胞生存に必須的なDNA、細胞膜などに影響を与えることで理学、化学生物学的作用を利用、腫瘍組織細胞を崩壊、怪死、増殖を抑制して治療する方法です。
放射線治療の目的は、究極的には腫瘍細胞に十分な線量を照射、死滅させ、その他の正常な組織は保護し、患者の生活の質を向上させることにあります。
その他、疼痛を軽減して症状を緩和することができ、腫瘍細胞が広がることを防ぐための予防的な治療としての目的があります。
放射線照射は、正常組織と腫瘍組織の両方に放射線による影響が発生しますが、正常組織は時間が経過すると迅速に回復し、腫瘍組織は回復が十分ではないため、これを利用して放射線治療を実施することになります。
単純に放射線を照射するだけで放射線治療が行われるわけではありません。腫瘍のサイズ、腫瘍の進展状態および進展速度、腫瘍の位置、腫瘍の悪性度、正常組織の損傷などを全て考慮し、患者の健康状態などを考え、放射線照射方向、放射線量、治療期間などを決定し、治療を行います。
最近、コンピュータと放射線映像装備CT、MRI、PET-CTの発達と共に治療機器の性能も向上し、精密な治療が可能になりました。
当院の放射線腫瘍学科は、最先端治療機器と診療システムを備えることで、患者の満足と疾病の快癒のためにたゆまぬ努力と、先進医療と全人的治療精神を基に最高の医療サービスを提供ために努力しています。

医療陣紹介

Park In-gyu

Department of Treatment
Department of Radiation Oncology
Field of specialization
Radiation therapy for malignant and benign tumors (breast cancer, brain tumor, lung cancer, digestive cancer, urological cancer, lymphoma, sarcoma)

박인규 사진

Seol Gi-ho

Department of Treatment
Department of Radiation Oncology
Field of specialization
Radiation therapy for malignant and benign tumors (gynecologic cancer, digestive cancer, urological cancer, brain tumor, head and neck cancer, lung cancer, lymphoma)

설기호 사진