診療科

Home
診療科
診療科
消化管外科
消化管外科

診療科を見る

ご挨拶

消化管外科とは、胃と十二指腸および小腸に発生した悪性および良性腫瘍、消化管間質腫瘍(GIST)、消化性潰瘍、腸癒着症などの消化管疾患について診断および手術的治療を提供する科です。このような消化管疾患の中で、胃がんは、食事をすると最初に消化を担当する器官である胃腸いに発生する悪性腫瘍を意味するもので、韓国人に発生するがんの中で最も多く、がんによる死亡率(25.6%)1位を占めています。胃がんについて、本消化管外科では、手術前に正確なステージ決定による手術計画策定のために、必要に応じて胃内視鏡、内視鏡的超音波検査、骨検査、腹部コンピュータ断層撮影(CT)およびポジトロン断層法(PET)などを実施しており、その結果をもとに、開腹手術や腹腔鏡手術を実施するなど、各分野の専門家が連携してさまざまな治療方法を実施する多学際的併用療法を実施しています。

医療陣紹介

Chae Hyun-dong

Department of Treatment
Gastrointestinal Surgery
Field of specialization
Gastric cancer, gastrointestinal surgery (gastrointestinal and small bowel disease), laparoscopic gastrectomy, laparoscopic small bowel resection

채현동 사진

Kim In-hwan

Department of Treatment
Gastrointestinal Surgery
Field of specialization
Gastrointestinal Surgery (Gastric and Gastrointestinal Diseases), Laparoscopic Surgery

김인환 사진